どの位の予算が必要なのか

よく婚約指輪というと、昔から月給の3か月分といわれてきました。しかしこれは、エンゲージリングなどを扱う業者さんがコマーシャルでタレントさんにいわせた言葉で、それがうまくはまってしまい、世の中に、婚約指輪は月給の3か月分という事が広がってしまったのです。しかし実際に、月給の3か月分となれば、月給25万円の方なら75万円、月給が30万という方なら100万円近くの費用を費やすという事になります。本当にそれほどの金額を婚約指輪に使っているのか?というと、そんなことはありません。

婚約指輪の相場を知らべてみると、日本の場合、一般的に約30万円というのが相場です。結婚を考える位の年齢の男性の月給約1か月分と考えていいでしょう。やはり月給3か月分ものお金を貯蓄して婚約指輪を購入されるというのはほんの一部の方で、通常、30万円位のものが妥当という事です。

しかし、この相場の指輪を贈れば、相手が喜んでくれるのかというとそういったこともないでしょう。この金額はあくまでも参考で、この金額よりも低い金額の指輪でも、彼女は喜んでくれるでしょうし、デザインなどが合わない・・・と思う彼女などは、一緒に買いに行く方がよかった!なんて興ざめな意見をいう事もあるのです。

参照資料—ガラおかちまち
予算に合わせて婚約指輪を探せる老舗宝飾メーカーです。