Browse Month: 9月 2016

彼女の趣向を掴む

彼女がブランド物に拘る人なのかどうか、それによって購入するお店も違ってきます。ブランドにあまり拘りがないという女性の場合、頑張ってブランド物の高い婚約指輪を贈ったのに喜んでもらえなかったという事もあります。たとえばこんなに高いブランドの婚約指輪を買うんだったら、結婚式にもっと費用を使いたかったという彼女もいます。

婚約指輪を購入する前に、指輪の購入について基本的な事を考えてみると、値段はもちろんの事、ブランドやデザイン、サイズなど、さらにいつ渡すのかというシチュエーション、そして利用してくれるかどうかという点を考慮します。

こうしたことを考えてみると、婚約指輪は決して値段だけではなく彼女の趣向も大切にし、さらに、プロポーズという大切な日をどのように作り上げていくかという工夫も必要となってきます。

ただ彼女がサプライズが好きではないという事もあるので、彼女の趣向を知る事が何よりも大切と考えるべきです。一般的には、これまで婚約指輪を頂く際に、サプライズ演出があってすごくうれしかったという意見が多いのですが、そうではない事もあるので、普段の彼女をよく観察しておくことが重要でしょう。

もしも、婚約指輪を選ぶという事に自信がないという方は、プロポーズして一緒に指輪を買いに行きましょうと連れて行くという事でもいいですし、宝石店に連れて行き、お店の前でプロポーズ、一緒に選ぶという事も考えておきましょう。

本当に喜んでくれるかどうか

ダイヤの指輪が最も婚約指輪として相応しいといわれているので、ダイヤの指輪以外、彼女に送っても喜ばれないと思っている人も多いのですが、実際に、ダイヤじゃなくて誕生石を貰ったことがうれしかったという女性もいますし、やっぱりダイヤがよかったという女性もいます。

どういう指輪がいいのか、彼女のお友達など知り合いがいれば、リサーチしてみるといいでしょう。ただ、ダイヤの指輪が婚約指輪として一番利用されているという事は間違いありません。ダイヤの指輪をもらう事がプロポーズだと思っている女性も多いので、やはり、彼女のお友達を味方につけておく方が安心という事もいえます。

相場を掴むという事もとても大切なことですが、相場以上の金額の婚約指輪でも、相場以下の金額の婚約指輪でも、もらって喜んでくれるかどうかは彼女にかかっているので、彼女がどんな指輪を好むのか、結婚を意識してから、何となく好きなブランドの話とか、こういう指輪ってかわいいとか、彼女の話に耳を傾けておくことも重要です。

彼女の趣向を考えずに、こんなに相場よりも高い指輪を買ったんだから!と自信をもって渡しても、え?これ?という顔をされる可能性があるのです。本当に喜んでくれる指輪をあげるという事を主軸に、予算を組立て考えていくといいでしょう。